【iPad・iPhone】タブレットを子どもに長時間見せないための設定

YouTubeを子どもに長時間見させないための制限設定 双子育児

こんにちは、2歳男女双子を育てているナツミです。

我が家では2歳ごろにスマホでYouTubeを見るようになり、今はテレビでもっぱらYouTubeばかり見ています…

一度見始めると、ご飯や保育園に行く時間になるまで見続けるし、40分以上見せないと、こちらの言うことを聞いてくれません( ̄▽ ̄)

そこで、『スクリーンタイム』の機能を使って、YouTubeアプリの起動時間に制限をかけ、時間がきたら強制終了させることにしました!

実は、iPadやiPhoneにある『スクリーンタイム』は、設定画面で各アプリに閲覧時間に制限をかけられるのです。

手順

1.『設定』→『スクリーンタイム』をタップします。

YouTubeを子どもに長時間見させないための制限設定方法

2.『App使用時間の制限』を選びます。

『App使用時間の制限』を選びます

3.YouTubeの場合

エンターテイメントを選び、YouTubeアプリにチェックを入れます。『次へ』をタップします。

エンターテイメントを選び、YouTubeアプリにチェックを入れます。『次へ』をタップします。

4.制限時間を決めて、『追加』をタップします。

制限時間を決めて、『追加』をタップします。

これで設定完了です!簡単!!

実際に制限時間がくると、このような画面が表示されて見られなくなります。

実際に制限時間がくると、このような画面が表示されて見られなくなります

ホーム画面を見ると、YouTubeアプリがグレーアウトしています。

ホーム画面を見ると、YouTubeアプリがグレーアウトしています

これで効果あるのかどうだか、、、この歳では、なぜ終わってしまうのかイマイチ理解できないので、『スマホさんねんねしちゃったみたいよ~』でとりあえずなんとかしてみようかな( ̄▽ ̄)