男女双子のトイレトレーニング失敗談と教訓4つ-最後は保育園に丸投げ

男女双子のトイレトレーニング失敗談と教訓4つ-最後は保育園に丸投げ 双子育児

こんにちは、もうすぐ3歳の男女双子を育てているナツミです。

今回は、失敗ばかりだった男女双子のトイレトレーニングの教訓を書いてみました。

我が家の双子は1歳9ヶ月の時にオマルを購入し、なんとなくトイレトレーニングをしてきて、最終的に保育園に丸投げで、今は2人とも日中パンツで過ごせるようになりました。

つまり、私自身が双子のトイトレを頑張った訳ではないということです…。

これから失敗談と、そこから得た教訓をお話しますので、これから双子のトイトレをされる方は、ぜひ反面教師にしていただければと思います!

失敗1 トイトレの長期化、結局2歳半になっても完全オムツ

先程述べた通り、我が家では1歳9ヶ月の時にオマルを購入しました。

そろそろトイレトレーニング始めた方がいいとおばあちゃんに促されて買いました。

ものは試しと早速女の子の方をオマルに座らせてみると、ビギナーズラックで上手におしっこできたのです!

これは早々にオムツ外れる〜♫とみんなで大喜びです。

それから毎晩、寝る前に二人をオマルに誘いました。最初は二人とも『オシッコ行くー!』とはりきっていました。

しかし、肝心のオシッコは中々出ません。おそらく1回も出たことなかったかもしれません。

そのうち『夜のオマル』はエンターテインメントと化し、トイトレの意味がなくなってしまいました。

失敗2 双子育児のスタミナ切れでやる気がなくなる

その後のトイトレはお察しの通り、うまくいきませんでした。オマルに誘って来てくれてもオシッコが出なかったり、オマルに行くのがイヤだったり。

そして私自身、既に0歳から約2年間、怒涛の双子育児をこなしてきて、最後に二人同時のトイレトレーニングを長期間やるなんて地獄でした。

パンツにしたら、そこらへんにオシッコされるんだろうな…
大人でオムツはいてる人なんていないし、どうせ自然にトイレ行けるようになるよね!

という考えで、私自身がサボり気味に・・・寝る前のオマル習慣も消滅しました。

保育園でトイトレ開始!

失敗続きのトイトレでしたが、双子が2歳9ヶ月の時に転機が訪れます。保育園の先生から突然『2人ともトイレ上手に行けていて、オムツも濡れることが少なくなったので、保育園ではパンツにしませんか』と言われてビックリ!

えっ!二人とも保育園ではトイレに行ってるの!?うちでは全く行ってないのに!?

うちの双子の場合、『保育園の顔』というものがあり、食事に関しても、家ではおかずをほとんど(いや全く)食べないのに保育園だと完食していたり、お片付けも家では何度言ってもやらないのに、保育園では率先してやっているそうです。きっとトイレに関しても、家では全く行かないのに保育園では先生に言われて行っていたのだと思います。

ということで、さっそくパンツを買いに行き、翌日から2人にパンツをはかせて登園するようになりました。

お漏らしパンツの嵐

お漏らしパンツの嵐

パンツを履くようになったとはいえ、いきなり最初からうまくいくわけではありません。やはり漏らしてしまうようで、お迎えに行くと、濡れたパンツとズボンが2人分バッチリ入っています。

1人2回づつ漏らす時もあり、4セットになることも…

保育園で洗ってくれているようですが、匂いがちゃんととれていないので、ワイドハイターで洗う日々…

さらに、家に帰るとさっそくお漏らしすることもあり、床をキレイに拭いてお着替えするのも手間でした。仕事から帰って保育園に迎えに行って、家に帰ってすぐ夕食を作らなければ!という時にお漏らしをされると、心に余裕がなくて怒る時もありました。

合言葉は『もれちゃう!』

最初は漏らしてばかりでしたが、合言葉を作ったおかげでトイトレが一気に加速しました。

まず、ママがトイレに行くとき、『オシッコがもれちゃうもれちゃう!』と言ってトイレに行くことで、双子も『もれちゃう!』と言うようになったのです。

『オシッコが出そうになったら、オシッコを出す前に、もれちゃう!って言ってね』と、耳に胼胝ができるくらい言い聞かせました。

そのおかげ?か、2週間も経つと保育園でのお漏らしパンツもほぼなくなり、家でも漏らすことがほとんどなくなり、保育園でのお昼寝でもパンツを履くようになりました。

2歳9ヶ月だったので、成長的にも妥当だったのかもしれませんが、『もれちゃう!』という言葉は効果的だったと思います。

失敗3 男の子ならおまる選びは慎重に!

トイトレが進んでからの反省点もあります。 それは、どうせオマルなんてどれも同じでしょ~と、何も考えずに〇〇屋の一番安いオマルを購入したことです。

これが、女の子だと何の問題もなかったのですが、男の子は要注意です! オシッコが前に飛んで、オマルの隙間に入ってしまい、下の床にオシッコが散乱してしまいました。

男の子ならおまる選びは慎重に!

オマルで上手にオシッコできて嬉しいはずなのに、床に溢れるのでショックです・・・。 正直な話、この商品のレビューにbad評価で投稿しようと何度思ったことか…

失敗4? 風邪を引くとふりだしに

その後トイトレは順調に進み、女の子の方はパンツになって2週間程でおもらしゼロになりました。

しかし、男の子の方がつまづいてしまいました。なんなら女の子よりも順調だったのに、1ヶ月のうちに発熱が3回もあり、寝込んでいる間にすっかりトイレのことを忘れてしまったのです。

親としても布団に漏らされるのは嫌だったので、さすがに風邪を引いて寝込んでいる時はオムツをはかせるのですが、トイレに誘う事をすっかりサボっていました。

結局、リカバリには1ヶ月以上要しました。

双子のトイトレ 教訓4つ

以上、失敗続きの双子のトイトレでした。

最後に、そこから得た教訓をまとめて記載しておきます!

双子のトイトレ 教訓4つ
  1. 開始時期は適切な時期に
  2. 双子のトイトレは大変そう…と構えすぎない
  3. 男の子の場合、オマル選びは慎重に
  4. 風邪を引いてもオシッコに誘ってみる

開始時期は適切な時期に

我が家では1歳台からオマルに座らせていましたが、事前にオシッコについての教育が足りていなかったと感じています。訳も分からずオマルに座って、結局無意味になってしまいました。

生後10ヶ月の頃、後追いでトイレについてきてトイレットペーパーを取る動作や流す動作をして『オシッコさんバイバーイ!』なんてしていたのに…

1歳になる前からノンタンの『おしっこしーしー』を繰り返し読み聞かせていたのに…

その時はあまりインプットされていなかったと思われます。笑

ノンタンおしっこしーしー

焦らなくてもいいので、オシッコの意味が分かる環境を用意しつつ、理解できたらトイレに誘ったらいいのではないかと思います。

双子のトイトレは大変そう…と構えすぎない

2人同時にトイレトレーニング、ハードルがとても高く感じますよね。

しかし、保育園に丸投げということもあり、そこまで大変ではありませんでした。新生児の時やイヤイヤ期の方が大変でした。

私は『リビングにお漏らしされるのがイヤだ…』という思いが強かったのですが、いざお漏らしされてみると、そこまで大変ではなかったです。ゴム手袋して雑巾で拭いて、アルコール消毒して着替えさせてパンツを洗う!一見大変そうですが、慣れると大丈夫です。

あと、パンツにうんちをされることもありますが、これも意外となんとかなります。

最初やられた時は絶望でしたが、うんちはトイレに流せるだけ流して、あとは洗面所でワイドハイターやウタマロ石鹸で洗うとみるみるキレイになりますよ!

男の子の場合、オマル選びは慎重に

女の子は問題なかったですが、男の子でオマルを使う時は注意が必要です。

改めてオマルを調査してみると、世の中にはいいオマルが沢山ありました笑

まず、こちらのミッフィーのオマルは レビューに『漏れた』がないので、漏れる心配はないようです!

ORANGE-BABY
¥3,100 (2021/12/06 00:25時点 | 楽天市場調べ)

さらに補助便座にもなるので、大人のトイレに移行しても使えます。

また、リッチェルのオマルは座るタイプのもので、パンツを全部脱ぐ手間が省けて間に合わなかったリスクを減らせます。

さらに補助便座&踏み台になるので、一人で大人のトイレでオシッコをすることができます。
NetBabyWorld(ネットベビー)
¥4,120 (2021/12/06 00:25時点 | 楽天市場調べ)

もっとちゃんと自分で調べて購入してあげればよかった…

風邪を引いてもオシッコに誘ってみる

男の子が発熱して寝込んでいたとき、私はトイレに誘う事を一切しませんでした。

今思えば、『トイレ行っとく?』くらい言ってもよかったと思います。そうすればリカバリに1ヶ月もかからなかったかもしれません。

保育園に丸投げでもお構いなし

結局我が家の双子のトイトレは、保育園のおかげで進みました。しかしこれでオムツを卒業できたのですから、結果何の問題もなしです!

もし保育園に通っているなら、頼り切っても問題ないと思います。やはり双子のトイレトレーニングは根気がいりますものね・・・

保育園の先生に相談しながら、その子のペースに合わせて頑張っていけばいいと思います!

最後までご覧いただきありがとうございました。