3歳の娘がどハマりのイージースケーター(すみっこぐらし)親目線での口コミ

3歳の娘がどハマりのイージースケーター(すみっこぐらし)親目線での口コミ 乳幼児のイベント・プレゼント

三輪車やストライダーなど、幼児向けの乗り物はいろいろ発売されていますが、3歳から乗れる『イージースケーター』も人気があり、おすすめです。

四輪なので安定感があり、デザインも素敵な上に5,000円台で購入できます。また、三輪車などの乗り物と比べてコンパクトで小回りが効くので、室内でも遊べます。

本記事は、そんなイージースケーターを3歳の娘のために購入し、遊ぶ様子を見て、これは是非紹介したいと思って書きました。

写真もたくさん撮ったので、最後まで見ていってくださいね。

¥5,118 (2022/05/06 23:10時点 | Amazon調べ)

イージースケーターを購入!

すみっこぐらしのイージースケーター開封

ショッピングモールでお買い物をしていると、見本として置いてあるスケーターに運動大好きな3歳の娘が食いつきました。

確かに、幼児というものは新しいおもちゃにすぐ興味をもち、ある程度遊んだら急速に無関心になってしまうものです。

しかし今回は少し違いました。

その夜も、次の日も、また次の日も、

『ママ、スケートが欲しい欲しい!!私ね、プリンセスのスケートで遊ぶんだ〜♪』と、スケーターの事をしっかり覚えており、何日も根に持っていたのです。

ということで、スケートが欲しいと言った1ヶ月後に買いに行きました。

ちなみに我が家には娘の他に、双子の兄がいますが、この子はさほど興味を示しませんでした。絵柄が女の子向けだからでしょうか…。

イージースケーターは、折りたたむと娘でも持ち運びできる大きさです。組み立ても慣れれば娘一人でできるようになりました。

高さは4段階

持ち手の高さは4段階に調節可能です。

イージースケーターの高さ比較

娘は『高さ0』がお気に入りで、私が高さを変えると機嫌を損ねていました。低い方が重心が自然と前にきてこぎやすいようでした。

ただ、最近はどの高さでもいいようで、気分次第です。
高さ1・2あたりが3歳半の娘にピッタリです。

3歳半が乗った時のサイズ感
3歳半が乗った時のサイズ感

親と娘のどハマりポイント3つ

娘は購入時3歳半でしたが、最初から簡単に乗れました。1日でコツをつかんでスースー前へ進んでいました。ちなみに、運動音痴な双子兄も、ぎこちなかったですが転ぶことなく楽しそうに遊んでいました。

実際に購入してからは、娘はもちろん、親の私自身も気に入っています。もっと早く買ってあげればよかったです。

そんなどハマりポイントを3つ紹介しますね。

1、色使いが可愛い

当初はてっきりアナ雪柄を選ぶと思っていましたが、真っ先に選んだのはすみっこぐらしでした。

えっ、さすがに行き当たりばったりでは!?と心配でしたが、見れば見るほど色使いがかわいいのです。

水色と黄緑、黄色、ピンクが絶妙に合っていて、配色にセンスを感じます。最近のおもちゃはオシャレだなぁとしみじみ。

すみっこぐらしのイージースケーター

そして、イージースケーターには付属としてシールがついてきます。シールは娘に託して、自由にはってもらいました。何枚か行方不明になりましたが、キレイに貼れました。

すみっこぐらしのイージースケーターアップ画像

2、室内でも遊べる

これが私的には1番のポイントです。

購入した日は大雨で、外で遊べなかったので、家の中で開封して遊びました。

コンパクトで小回りが効くので、狭い廊下や室内でも大丈夫でした。

室内で遊ぶ様子

また平日は仕事に家事に忙しいので、なかなか外へ遊びにいけませんが、ママが料理を作っている時も遊ぶことができます。保育園帰りに『スケートしたい!』と言われても、おうちで対応できます。

ナツミ
ナツミ

遊びたい時にいつでも遊べるので、ママとしても大変ありがたいです。

外で遊ぶときよりもスピードが出せないことは仕方ないですが、最近はお風呂場やトイレに行くときでもスケートで移動しています。1歳台の時に乗っていたアンパンマンの乗用玩具からこちらに置き換わった感じですね。

外で遊ぶとなると、公園や広場に行かなければいけませんが、室内ではすぐに遊べるので、最近はもっぱら室内で遊ぶようになりました。たまーに、晴れた日は外に持って行って遊んでいます。運動させたい時は外がいいですよね。

3、タイヤが赤く光る

スケートをこいで走らせると、タイヤが赤色に光ります。これも娘には好評でした。黄色いタイヤに赤なので、とてもきれいですよ♪

ある程度スピードを出さないと光らないですが、明るい外でも光っていることがよく分かります。

走るとタイヤが赤く光ります
¥5,270 (2022/05/07 11:20時点 | Amazon調べ)

ヘルメットなどの保護具は必要?

スケーターで遊ぶときに、転んでも大丈夫なヘルメットやサポーターも合わせておさえておきたいですよね。

しかし予算に限りがある場合は、足につけるサポーターがおすすめです。

娘はダイナミックにコケたことはありませんが、つまづくことは何回かあります。その時、頭から地面に落ちるというより、足が先に地面につくので、ヘルメットよりもサポーターを優先してつけた方がいいと思います。

ヘルメットは4,000円くらいかかりますが、サポーターは1,000円台で購入可能です。

Amazonではヘルメットとサポーターのセットがお安くありました。将来自転車の練習にも使えるので、こちらでもよさそうですね。

デザイン・コスパよしのイージースケーターで遊んでみよう!

以上、イージースケーターの口コミをお届けしました。買って良かったポイントはこちらです。

  • 色使いがかわいくてデザイン性が良い
  • 室内でも遊べるので、遊びたい時にすぐに遊べる
  • 四輪なので安心、初めてでも簡単に乗れる
  • 三輪車やストライダーに比べてコスパもよかったので、満足度も高いです。3歳頃に初めて乗るキックスケーターとしておすすめです!

    最後までご覧いただきありがとうございました。